不動産投資

ビル3つ

資産を増やすためには、金融取引をする以外にも方法があります。
不動産投資は、ミドルリスク・ミドルリターンな投資方法の一つです。

・特徴
不動産投資で稼ぐ方法は、大きき二つです。
不動産投資は、不動産を利用する投資方法なので、不動産価格の影響を受けます。
そのため、不動産を安く購入し、高くで売却することで利益を得ることができます。
ただし、金融商品よりも現金化が難しいといわれています。

不動産が金融取引と大きく異るのは、不動産は実物があるということです。
そのため、土地や建物を賃貸することによって利益を得ることができます。
この賃貸料が不動産投資の大きな特徴です。
賃貸料は、空室を出さなければ、安定した収入を得ることができる方法です。

不動産投資は、不動産の購入にまとまった資金が必要になります。
そのため、不動産ローンを利用したり、中古物件を利用したりすることで資金を抑えることができます。
資金に不安がある場合は、REITなどを利用することで、少額で不動産に投資をすることができます。

以上のように、資産運用で資産を増やす際には、投資をうまく利用することが必要です。
初心者や安定した利益を必要とする際は、国債、家賃収入、バイナリーオプションなどのリスクのリスクが比較的低い投資をすることが必要です。
ただし、リスクを抑え過ぎると、資産を増やすことができないので、少額をハイリスク・ハイリターンな金融取引に回すことも有効です。

FX

斜めビル

ハイリスク・ハイリターンの金融取引の最たるものとしえFXがあります。
FXは、リスクが高いため、国債取引などと併用してリスク分散することが賢い資産運用だということができます。

・FX
FXとは、外国為替証拠金取引のことをいいます。
外国の通貨を交換することによって成り立つ取引です。
最近では、スマホなどで取引することができ、利用者も増えています。

・特徴
FXの特徴としては、為替の変動の影響を受けることです。
これを為替リスクといいます。大きな収益を得られることもありますが、逆に損失を出すこともあります。
利用できる通貨は、円のほか、ドル、ユーロ、南アフリカランドなどがあります。
取引市場が世界中にあるため、24時間取引することができます。
FXがハイリスク・ハイリターンと呼ばれるのは、レバレッジという方法が利用できるためです。
レバレッジとは、「てこ」のことをいい、少額の資金を担保に多額の資金で取引することができる仕組みです。
そのため、リターンを何倍にもすることができます。

・リスク
FXは非常にリスクが高いため、初心者では稼ぐのが難しいといわれます。
そのため、初心者は、バイナリーオプションを利用する、国債などの安定した取引のオプションとして利用するほうが得策です。

株式投資

青空とビル

・株式投資
株式投資は、以前から人気のある投資方法です。国債よりもハイリスク・ハイリターンな金融取引として知られています。
株式投資で稼ぐ方法には、3種類あります。
具体的には、配当金、売却益、株主優待です。
これらの仕組みをうまく利用して資産を運用することで、資産を増やすことができます。
・配当金
配当金とは、投資した企業が、事業活動によって収益を上げることができた際に、株主に配られるお金のことをいいます。
あまり大きな金額になることはありませんが、商品によっては安定した収入源になります。
・売却益
売却益とは、投資の基本的な仕組みを利用したものです。
できるだけ安く株を購入し、できるだけ高くで売却して利益を生み出すことができます。
株式投資がハイリスク・ハイリターンといわれる所以です。
・株主優待
株主優待とは、株主に贈られる特典のことをいいます。
企業によっても異なり、配当金よりも高価なものが贈られることもあります。

株式投資は、株価の暴落が起きるリスクがあります。
そのため、初心者のうちは、株式投資と併用して、リスクの低い国債などを利用することで、リスク分散することができます。
また、リスクの高い商品と、低い商品を組み合わせることでもリスク分散できます。

・新制度
株式投資では、NISAが導入されました。
NISAは、NISA口座を利用した取引なら、100万円までの利益が免税になる仕組みです。
そのため、初心者のうちは、NISAを利用することによって、節税対策をすることができます。

・稼ぐには
株式投資は、経済や財務などの知識や、経験が必要になります。
そのため、初心者のうちは、簡単なものから初めて、少しずつ経験を積むようにしたほうが確実です。
ある程度経験を積んで、リスクを高めていくことができます。